コンテンツへスキップ

断食で捻挫の後遺症が治りました。

中学生の時、体育のバスケットボールの時間に左足を捻挫してしまいました。それ以来、疲れがたまっている時や寒い日などに足首に痛みや違和感がでるようになりました。足首も硬くなり、可動域も狭くなりました。そのような状態で20年以上過ごしましたが、少し前にあることがきっかけで後遺症が治りました。その方法は断食です。断食をしたきっかけは、アレルギー体質の改善でした。子供の頃からアトピー、金属アレルギー、花粉症などを患っていました。断食をすれば、それらの症状が良くなると思いチャレンジしました。完全に水だけしか飲まない本断食ではなく、食事の代わりに酵素を飲む酵素断食をしました。期間は5日間です。断食をすると身体の悪い場所が全て治るといわれており、身体が治し始めた段階で痛みや違和感などがでるそうです。左足首に痛みがでたのは4日目の午後でした。捻挫をした時のようにズキズキと痛み、歩くと辛い感じでした。症状は半日ほど続きましたが、収まった時に足首の可動域が明らかに広がりました。それ以来痛みも違和感もありません。