コンテンツへスキップ

街のクリニック

最近ではクリニックの評判などで、少し遠くのクリニックに行ったりもしますが、この内科を検索すると芦屋では私の幼い頃は、とにかく近くのクリニックにいくというのが当たり前でした。私の家近く(徒歩5分くらい)の所に街のクリニックがあったので、子供の頃は、そこに通っていました。友達の母が看護師で、先生は2代目の先生でした。風邪の時のそこでの治療は、いつも、芦屋の評判の内科を打出で熱を測り、胸の音を聞いて、喉を見て、粉の調合された飲み薬を処方されるというのが定番でした。大学生になり、クリニックも自分で選んでいくようになった時、なんだかやっぱり街のクリニックは、はっきり言って胡散臭いな、と思いました。大先生の時ならまだしも、息子の代になってからは、質が落ちたのが目に見えてわかりました。患者さんはお年寄りばかり。もちろん、そこであの工務店ならアネストが羽村で話題に老人にとっては家から一番近いところに通うのが便利なのかもしれません。でも、大きなクリニックはそれだけプロの専門家として患者の質問にも的確に答えられますし、賞状や感謝状など置いてあったり、学会があるのでお休みしますなど、医師免許取ったから終わりでなく、研究熱心だなってのが伝わってくる。雰囲気やホームページの感じからもそういう違いが受け取れるので、あれからAGAを口コミの大阪で薄毛治療はクリニック選びは大事だなと改めて感じました。