コンテンツへスキップ

筋肉の衰えと喋り方が変わった後遺症

脳卒中の後遺症は体の変化は特にあります。私は軽い脳卒中ですが、運動しにくくなったり喋りずらくなってしまった事がそうです。なので、歩く時にも足が上がらないので辛く日常を過ごしています。その日常は、買い物に出かけた時が多く感じてしまうのです。それが、上手く歩けない事で買い物最中に転んでしまう事です。なので最近では杖を使って買い物をしているのですが、会計をする時に指が思う様に動かないので、時間がかかってしまって周りにも迷惑を掛けてしまう所が辛いです。なので、「すいません」と言いたいのですが呂律がまわらないせいか上手く話せなく謝る言葉も出来ないのでただ頭を下げている買い物の仕方になってしまいます。また、普通に運動する人と比べて非常に体力が落ちているのがショックです。それが、後遺症による筋肉のつき方です。私の場合、左の筋肉はあるのですが、右の筋肉は発達していません。そのためバランスの悪い歩き方にもなってしまいますし、筋肉が衰えている分力の入れ方が今一つ解らないでいます。しかし、私よりも後遺症がある人もいますので悩まず出来るだけの事はしていこうと感じているのです。