コンテンツへスキップ

後遺症は残っても改善するものなのか

病気になって後遺症が残ってしまう事は普通にあります。ですが意外と多くの人が後遺症が残ってしまうとその後の生活もずっと同じ後遺症で苦しむという印象を持っている人が多いかと思います。確かに私も家族が辛い後遺症の症状が出た時にはずっとその症状で苦しむかもしれないと思っていました。ですが実際には後遺症が残っても意外とそこまでひどい後遺症がずっと残るという事はありませんでした。なぜなら私の父も病気になって呂律が回らなくなったのですがその症状は一時的でしばらく入院したらその症状が割とすぐに和らいでそれからさらに時間をかけたらほぼ後遺症の症状が消えたからでした。なので最初は父の呂律が回らなくなって本当に後遺症がずっと残ってしまうような気がしていたのですが実際にはそういう事はなくて普通に会話してもほとんど違和感ないくらいに回復していました。その経験から重い病気になって後遺症が出てもすぐにその症状がずっと残ると思う事はないと思いました。