コンテンツへスキップ

脳梗塞後に片方の手と足が動きにくいです

脳梗塞後は、いろいろな症状が見られます。そのことについて、自分が腹ただしいという気持ちが強くなるみたいですね。最初は、急性の症状が治まった時にとても気持ちが動揺している祖母がいました。ところが、病院でリハビリを続けていくうちに、その気持ちもだんだんと落ち着いてくるのです。その姿を見た時、人間とはそんな風に立ち直ることができるのだと思った事でした。それだけ、強いということですね。祖母は、戦争も体験しているのでちょっとのことでは辛いということを言いません。しかしその脳梗塞後は、さすがに自由に手を動かすこと、歩くことができなくなり,本当に辛そうでした。その姿を見て、いつもの祖母と違うと思い、家族としてもとても大きなショックを受けたのです。しかし励ますことにより、自分ひとりではないという気持ちを持ってもらうことができています。最初は、ほとんど動かない手も、今ではリハビリの効果でよく動くようになっています。祖母が脳梗塞をしてから、いろいろなことを乗り越えてきました。しかしいつまた、ひどくなるのかわからないので家族としてもその症状について注意をしてみることにしています。その脳梗塞の後遺症として、家族が困ったのはなんといっても感覚が乏しいということです。そのため、足が机の角に当たっている時に、そんなに痛みを感じないということがわかりました。足もまた方の麻痺があるので、しっかりと歩くことができずいろいろな所にあたっているのです。しかもそのことを、自分が気づいていないのでそれが困ります。ある時は、足にやけどをしていることを発見しました。そんなにひどいやけどではなかったので、安心することができましたが熱いという感覚がマヒしているということなんですね。そのため、冬にカイロを使うのは、要注意ということを知りました。洋服の上から使用していたのですが、熱くなりすぎてもそのことに気づかず、放置していたのです。今は、カイロを使うことを禁止しています。

クリニック集客ノウハウ住宅リフォーム総合情報お家の見直ししま専科AGAでお悩み解決内職 アルバイトマッサージのリアル口コミ.comダイエットチャレンジ健康に役立つ口コミ情報“エステサロンを上手に利用する情報サイト”