コンテンツへスキップ

むち打ちの後遺症がよくなった体験談

車に乗っていたときに前から来た車がこちらにぶつかってくるのを避けようとしたため、車を少し回転させました。そのときの衝撃が残り、体にむち打ちの後遺症の症状が出てしまったのです。その後は、整形外科に通い、どういうふうにしていったらいいのかを相談しました。最初の頃は、首のあたりがとても痛くて仕事をするときにはコルセットをつけていました。冷やすとよいとのことだったので、定期的にアイスノンを濡れタオルで巻いたものなどで冷やすようにしました。また、できるだけ首のあたりを動かさないようにして日常生活を送っていました。何カ月かそのようにして過ごしているうちにだんだんと痛みが和らいできたように思います。毎日の生活では、コルセットを外して過ごすようになりました。スポーツやアクティブな活動は避けて安静に過ごしていた結果、ついには痛みがなくなり、前と同じように過ごせるようになりました。とにかく、首のあたりを動かさずにじっとしていたのがよかったのかもしれません。